健康と美容

青汁の原材料はひとつじゃない!それぞれの原材料の効果について

青汁といえば緑色の飲み物として知られていますが、 原材料についてちゃんと知っている人って少ないのではないでしょうか?「単純に野菜をミキサーしているだけなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実はそういうわけではないんですよ!利用される野菜の原材料によって、栄養素や効果が違ってくるのです。それを理解しておけば、自分に合いそうな青汁を手作りすることもできます。

ケール

まず最初に紹介するのはケールです。ケールは、「野菜の王様」の異名を持ち、栄養価が高いのが特徴的。 ビタミンc、カロテンを豊富に含んでおり、エイジングケアにぴったりです。 特に、老化が一気に加速しやすい40代にはお勧め!血管や内臓のアンチエイジングに効果をもたらしてくれるため、医師がお勧めするケースも珍しくありません。

また、眠りの浅さを解消してくれるというメリットも存在しています。メラトニンと呼ばれる成分が 快眠をサポートしてくれるのです。 質の良い眠りは、綺麗なお肌を作り出す上で大切ですから、 意識してみましょう。 ただ、ケールは苦味が強いのが特徴なので、 そういう場合には野菜ジュースと混ぜて飲んでもOKです。

大麦青葉

大麦青葉は、ケールで作った青汁が苦すぎて飲みにくいという場合におすすめです。ケールに比べると、苦味がとても少ない野菜です。ケールに含まれている栄養素は、SOD酵素に注目が集まっています。SOD酵素は、抗酸化作用が強力なため、 スキンケアに効果的。美肌を目指したい女性は飲まないわけにはいきませんね!ニキビでお悩みの方にも おすすめです。

明日葉

明日葉には、カルコンと呼ばれる成分が含まれているのが特徴です。これは、明日葉にしか含まれていません。身体の老廃物を洗い流してくれる成分で、デトックス効果をもたらしてくれます。便秘で困っている女性は特におすすめです!他にも、ダイエットやむくみの解消を目指している時には積極的に飲むようにしましょう。

青汁ユーザーが選ぶ人気の青汁はコチラで確認出来ます↓
極の青汁